::: dream skyward :::
rwy22.exblog.jp
Top
The glaring, dazzling, garish duralumin shells
2010年 11月 29日 |
季節外れの南西風が見せてくれたもの、
それは、The glaring, dazzling and garish duralumin shells.
e0215320_13274896.jpg


日本語で言えば(最初から日本語で言えよ? いーじゃん格好つけても(  ̄З ̄)

glaringも dazzlingも garishも、みんな「ギラギラ」。

この日。

朝起きてiphoneでtwitterを起動すれば、「南西風!」「ビジ良し!」「快晴!」「LAD22!」
元気な文字が画面に踊ります。

あー、これは・・・ ありがとう。いかなくちゃ。

とはいえ元々予定していた用事もあり、行けないよなー・・・
と、思ったらお山が動いた、予定変更!! 

とはいえ午後も半ばの出発、日没間際の茜色の空に間に合えば‥と思っていましたが
頑張った甲斐があってか(どんだけ飛ばしたんだw)まだ少し日が高い時間帯に岩場に着きました。
e0215320_13321349.jpg
e0215320_13371858.jpg



LDAアプローチで中防の方向でレフトターンを終えた到着機がぐんぐん迫り頭上を越していきます。
ひねりでは16Lへのチャーリーに遠く及ばないけれど、頭上超低空を飛行機が飛んでいく様は
惜しむべきあのチャーリーアプローチを彷彿とさせてくれます。

e0215320_1334647.jpg
e0215320_13341830.jpg


チャーリーと違うのは光線。

真夏のそれよりより白い光と、城南島の海面の反射で
飛行機たちはペイントされているはずのお腹も、ボディもみなネイキッドに。

鏡のようなジュラルミン(duralumin)のネイキッドボディに海と光を宿しています。

   ※ オリジナルの色を薄めて銀色に・・・ これがホントの銀残し?(笑)

737の特徴的なギアボックスもほら。
e0215320_13382062.jpg
e0215320_13383156.jpg



光り輝く銀色の塊は、陽炎の彼方に降りて行きました。
e0215320_13401263.jpg



※クリックで1280pxに拡大します。


All pics are taken with Sony DSLR-A550,
Sigma APO Tele Macro 300/4 or 400/5.6 + Sigma APO Tele Converter 1.4x EX


さて。
実はこの日この後、欲張りな自分が更に移動した先では違う出逢いが待っていたのでした。


(多分、出会った人のブログに続く)
[PR]
by blackqualis | 2010-11-29 13:41 | RJTT
<< Landing Runway ... PageTop So long, JA890... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Sky Plane Skin by Sun&Moon