::: dream skyward :::
rwy22.exblog.jp
Top
<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
2011年 02月 27日 |
一気に春めいた土曜日、陽炎の立ち昇る16LにJL75(JA8089)がランディング。
e0215320_173153.jpg


JALのB747-400完全退役まで、あと3日。
3/1がもし北風運用だとして、普通にBランに降りられちゃうと、攻略のしようがないな。。

SONY SLT-A55V + SIGMA APO 400mm/F5.6

※番外、どうでもいいはなし

SLT-A55V(α55)とオールドαマウントレンズ(シグマ)の相性が最悪。
シグマで対応無償改修を受け付けない年代のレンズなのだが、幸いカメラエラーが出ないので
だましだまし使っているのだが・・・

①絞りピンの駆動が高速連射時にコケるというか空振るらしい。
 →このためAEの露出は一定なのに画像の明暗が一コマずつ転びまくる
②連射しているとAF不能状態に陥る
 →迷いだして、フォーカスがあってもカメラで認識できなくなる。
  catch in focus設定と連動してレリーズも不能になる。電源OFF-ONで復帰
③CCDに乗ったダストのようなものが写りこむ?
 →最初CCDダストかと思いきや、最近のレンズに換えると出なくなる。謎の現象でアタリもついてない
  けれど、まさかトランスルーセントテクノロジは古レンズの中のチリまで写すのか?

まあとにかく、かなり満身創痍(笑)

今回掲載の写真のノイズがきついのは、トリミングやシャープネス調整の影響以外に、
①の障害を承知で使う関係上、絞りピンの空振りが発生してもドアンダーにならなうように絞り値を大きくしながら
シャッター速度も確保しようとした関係でISO感度を高くしたことも響いてる。

成田の畑で撮影中に、お隣に陣取った紳士が使っていたSIGMAの150-500、HSM+OS付。
α55でもエラーなく動いて性能活かしてくれるんだろうなあーとその時うらやましく思った。
昼食に入ったすき家で牛まぶし定食をほお張りながらTwitterのTLにたまった大量の未読を処理してたら、
フジヤカメラからの土日限定セールのツイートを発見。SIGMAの150-500のα・PENTAXマウント限定で72800!

どんだけタイムリーなんでしょうw
そして本文よりどんだけ長い番外編なんでしょうw
[PR]
by blackqualis | 2011-02-27 16:36 | RJAA
2011年 02月 20日 |
ジャンボです。 みなさん、今日まで本当にありがとう。

僕のレジ番はJA8084。
Boeing 747-400Dとしては二番目に誕生しました。 
製造番号25214/879。 1991年9月25日が初飛行です。

MANUFACTURER'S MODEL NO. 747-446D
MANUFACTURER'S SERIAL NO. 25214
TYPE CERT. NO. A20WE
PRODUCTION CERT. NO. 700

日本航空にはたくさんの DASH400 がいたけれど、僕たちSRの系譜、400Dの兄弟は7機でした。

JALの経営破綻と再建の流れが、僕たちの退役に加速をつけてしまったけれど
時代の流れには逆らえずに、世界の空からジャンボが減っていっています。

まだこんなに元気なのにと、
やるせなさを感じながらも、それでも僕、JA8084は幸せな機体だったと思っています。

秋以降瞬く間に兄弟たちが退役していき、昨年の11月20日に末っ子のJA8908がラストフライトを迎えた後は、
日本の空を僕1機だけが細々と飛んできました。

それでも多くのお客さま、社員従業員の方々に労わられ慈しまれ、
地上からは数え切れないほどたくさんのカメラを向けてもらえて、嬉しかった。

惜別ジャンボ、と銘うった二日間のチャーターでは、
とびきりのコクピットクルーに操縦してもらって、たくさんのファンを乗せて大好きだった札幌ー那覇を飛びました。
この20年間何度も何度も駆け巡った日本各地の空港。
だんだんと最後の出発を重ねて、昨日の羽田(Dep)、千歳(Arv/Dep)、那覇(Arv)。

そう、ひとつひとつが締めくくり。
今朝涙雨だった沖縄の大地を蹴って、見慣れた羽田のRWY34LのApproaching Lightが目に入ったとき。
Towerの管制官とキャプテンが交わしてくれたねぎらいの言葉。
e0215320_23444882.jpg


Landingを終えて今まで幾度となく滑り込んだRWY34Lを離脱、
A9-TWYを横切り少し姿勢を正してからみんなの待つ38番SPOTに滑り込んで
marshallerの頭上で両手が静かにクロスされた瞬間、停止した4発のエンジンの消えていく回転音の余韻。
e0215320_23452591.jpg

JALで大勢のお客様を乗せて安全に日本の空を飛び回る役目を、無事に勤め上げることができました。
これまで、本当にありがとう。

e0215320_23462721.jpg

最後のフライト(JL3152、JL1024でさいごに、とぶよ)を共にしたお客様達をお見送りした後に、
僕はトーイングしてもらってハンガーに入りました。
e0215320_23463740.jpg
e0215320_23464623.jpg
e0215320_23465060.jpg

少しゆっくりと翼を休めて、眠りに就く前の整備をしてもらいます。
どうか、切ないと思わないでくださいね。

20年もの間、大切に大切に整備され、多くの都市へと数え切れないほどのフライトをさせてもらった。
そして、こんなに惜しまれ見送られて、JALのジャンボの中でも特別な翼をもらったとびきりの幸せ者です。

e0215320_23465415.jpg


20年の間、たくさんたくさん、ありがとう。
いつかまた逢える日まで、 so long ...






- 2011年2月20日 日本航空最後のBoeing 747-400D、 最後の国内線営業フライトを終え、退役。


SONY SLT-A55V + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6



あとがき

 お分かりとは思いますが、フィクションです。忘れがたいこの夜に少しだけ感情移入して書きました。
 飛行機乗りは、飛行機をシップ(船)と呼び、女性に擬人化します(She/Her)が、
 私にはJA8084が雄雄しく映るので、僕、を使いました。

 そういえば、2/28-3/1のNRT-OKA-NRTの運用はJA8084なのでしょうか。
 CONFIGからはINTER仕様のようにも思います。どなたか詳細ご存知の方いらっしゃいませんか

 →時刻表のSeat ConfigurationがK13ということで、インター機材のJA8077ではないか、との
  情報をいただきました。 すーさん、mucchiさん、ありがとうございました。
[PR]
by blackqualis | 2011-02-20 23:54 | RJTT
2011年 02月 19日 |
眠りの浅い夜が明け、とうとう迎えたくなかったこの朝が来ました。

ターミナルや城南島からたくさんの人々に見送られてここ羽田から最後の離陸をするJA8084を
自分はやはり今日もここで脚立に乗って迎え、見送ることにしました。
e0215320_1957159.jpg

今朝も陽炎の向こうに少し霞みながら姿を現し、滑るようにTWYをランウェイに向かい。
e0215320_19571961.jpg
満員の乗客を乗せた機体は、先週よりも更に短い滑走で力強く大地を蹴り。
e0215320_19572357.jpg
昇ったばかりの朝陽を全身に浴びて輝きながらのクライミング。昨日洗ってもらったのかな?ピカピカだね!
e0215320_19572998.jpg

いつもとほぼ同じラインをきれいにトレースしながら、400mmのレンズの画角いっぱいに近づいてきました。
今、このフレームから飛び出し飛び去った後はもう二度とこのアングルで君を迎えることはないんだね。。
あんなにたくさんジャンボが行き交っていた羽田の空から、ジャンボの時代が終わろうとしてる。

e0215320_19573451.jpg
日の出後の、ギリギリ光が回り始める頃に滑走路に姿を現し、全身に朝日を浴びて飛翔して、
振り向いて見送った後姿は金色に輝いていました。

それからほどなくして、羽田の空はグレーの雲に覆われたのでした。
まるで照明が落ちたスタジオみたいに。

最後の花道を空がちゃんと照らすなんて、君はやっぱり「持ってる」ネ。


So long and many thanks to JA8084, the last 747-400D of Japan Airlines.


SONY DSLR-A550 + SIGMA APO TELE MACRO 400mm F5.6




[PR]
by blackqualis | 2011-02-19 20:09 | RJTT
2011年 02月 15日 |
城南のトンネルの先から朝の千歳行きを見送り、昼は東扇島から羽田34Lへの戻りを眺め。

最後の週末の今日、16:25にもう一度千歳に発つその姿をどこで撮るか。
自分の中で朝から決めていた場所が2タミの北側デッキでした。

そう、この時間帯、34Rは順光、しかもオレンジの夕陽の光線に包まれるのです。
まさに千載一隅の天候の今日、この便はここで撮るしかない感じ。

TwitterでやりとりしてHIDEさんも合流、二人でレンズ穴を並んで確保して出発を待ちます。

ちょうどランウェイ向かうJA8084が視界に入ってきたとき、
目の前のスポットからポケモンがプッシュバックを開始。

ちょw めちゃくちゃやな予感がしますけどwww orz

ポケモンに邪魔されてJALジャンの離陸が見えなかったりしないかとヒヤヒヤしましたが
どうにか・・回避(笑)

全身に夕陽を浴びて飛翔する姿を記録に残すことができました。
連続で行きます。
e0215320_1958789.jpg
e0215320_19581126.jpg
e0215320_19581720.jpg
e0215320_19582210.jpg
e0215320_20488.jpg

e0215320_19584342.jpg

e0215320_1232222.jpg
↑これは大トリミング


あと1週間。
安全にみんなを運んで花道を飾ってほしいものです。

Miss you, Jumbo!


#1-4 SONY SLT-A55V + SIGMA APO 70-300mm, #5 SONY DSLR-A550 + SIGMA APO TELE MACRO 400mm F5.6
[PR]
by blackqualis | 2011-02-15 20:01 | RJTT
2011年 02月 14日 |
RJTT 130700Z 01007KT 9999 FEW020 08/M07 Q1016 NOSIG

北の風7ノット、視程10km以上。
雪の舞った二日間からは想像も出来ないクリアな空の日曜の朝が訪れました。

いよいよ退役への秒読みに入ったJA8084、定期便のローテーションを撮りに行ける実質最後の週末の朝になりました。
その感慨にふけりながら、この大事な日と千載一遇のコンディションが重なったその瞬間を
どこで迎えようかと、思案しながら凍結した道路を慎重に車を走らせ、環七を南下して選んだ場所は
結局通いつめたこの場所でした。

ここで狙うは空席も目立つ千歳行きJL513。
この場所で映えるポジションまで引っ張ってくるかは微妙ながら、
城南では押さえられない姿を今日はここで切り取るしかない、そう思ったのでした。

現地で師匠お二人と邂逅。今日とJALジャンにかける気持ちが通いあいましたね。

さて、脚立を立てて400mmで空港を見ると、これまで経験したこともないクリアな視界。
すでにJALロゴを落とされたA36Rが一機、翼を休める横を抜け34Rに進入したJA8084が
もうすぐ俺もそっちに行くからな、と声をかけているようです。
ゆっくりと機首をこちらにむけ、離陸滑走を始めます。
スローモーションのような瞬間。
e0215320_11574327.jpg
※障害物が多数ある関係でトリミングしています。

e0215320_11593856.jpg
VR。
e0215320_1201088.jpg
滑走路の半分も使ったか、というくらいの位置で力強く地面を蹴ってAriborne。

引っ張って、奇麗な側面を見せてほしい。頑張れ!
e0215320_1225763.jpg
ここからslight right turn.
e0215320_125513.jpg
ここまでか。

ふたたび姿勢を戻してぐいぐいとクライムしていきます。
e0215320_1254149.jpg
open arms。 カメラのファインダー一杯に翼を広げて。

e0215320_1262380.jpg
碧い空に溶けるように、飛びたって行きました。

好んで通ったこの場所ですが、最後の最後でついに陽を全身に浴びた姿をカメラに収めることができました。


SONY DSLR-A550 + SIGMA APO TELE MACRO 400mm F5.6
[PR]
by blackqualis | 2011-02-14 12:09 | RJTT
2011年 02月 13日 |
JL510 CTS to HND, departure delayed 18min.

雪の舞った連休。 でも最終日はどこまでも見渡せる、抜けるような青空。
e0215320_23424493.jpg

君の雄姿を見届けたい僕たちのために、神様が用意してくれたのかもしれないね。

SONY DSLR-A550 + SIGMA APO TELE MACRO 400mm F5.6

東扇島東公園
[PR]
by blackqualis | 2011-02-13 23:44 | RJTT
2011年 02月 06日 |
久々出動しました。

今日は7:35の千歳行きとその帰りの2Legのみの投入。

RJTT 050030Z 35008KT CAVOK 08/M02 Q1017 NOSIG RMK A3005

ふむ。北風の朝の北行きの上がり。 あそこしかありませんね。

あそこしかないんですが、すんごいガスってる orz どのくらいかというと、このくらい。
e0215320_2491710.jpg


しかも。。。
e0215320_2492610.jpg

上昇もこの勢い。 背中は見せてくれませんでした。

朝の千歳行きで、いっつも光の回る位置まで低~くあがってきてくれるのは、大抵この人。もはや鉄板。
e0215320_2493015.jpg



さて、あまりに視程が悪いのでちょこっと城南を経由してベイパー引いてる離陸機を撮ってから、
千歳からの戻りを迎え撃つべくターミナルへ。
T2展望デッキで待ち構えていると・・・

定時発着率で頑張ってるJALさん。
ちょっと遅れ気味だったETA近辺に34Rに出発機が多いなと思っていたら、案の定やられました。
e0215320_249396.jpg

なんで34Lに降りちゃうかなあ。。。早く降りるためにリクエストしたんでしょうね。

今日はもう運用がないので、諦めてD展エリアでお茶を濁して帰ろうかと思ったその矢先に、ここでこの姿に出会う。
e0215320_2494474.jpg


明日までここで休憩なんだね。 今日もお疲れ様でした^^


SONY DSLR-A550/SLT-A55V + APO 400mm F5.6/APO 70-300mm F4-5.6

肝心のα55。
心配されてた「旧シグマレンズの絞りピン干渉でカメラエラー」の問題は出なかった(レンズは使える)ものの、
α55のHi-Driveモード(7コマ/秒)だと、
絞りピンの駆動が追いつかないのか、Exifでは同じ露出条件で並んだコマ(例えばみんなF8で1/1000)なのにところどころで画像が暗転 orz
またもや誤算が。。。凹 90年代製造のオールド単焦点レンズだから仕方ないのかなあ。。

現代式の150-500APOズームとか欲しくなってきちゃった!
[PR]
by blackqualis | 2011-02-06 02:58 | RJTT
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Sky Plane Skin by Sun&Moon