::: dream skyward :::
rwy22.exblog.jp
Top
カテゴリ:RJAA( 9 )
|
2012年 05月 27日 |
成田はやっぱり楽しい。
近くはないので行くには気合が要るし、やっと行けた時に条件が揃うかと言うとそうではない。
でも、やっぱり楽しい。

自分はコレクション趣味ではないので、あくまで時間帯別・風向き別のざっくりした運用と
光線から狙う画をある程度の歩留まり(ショット数=飛来数)で撮れる場所、を念頭に置いて
そこに好きなエアや好きな機体が来てくれたら最高! ってなモードで動きます。

そこはいつもご一緒してくれるHIDEさんもほど近い感覚なんじゃないでしょうか。

IMGP7661

この日は逆光を承知で夕方にBラン手前の誘導等付近に陣取り、きゃっきゃ言いながら楽しく撮りました(^^)

このデルタのジャンボ君もド逆光ですが、RAW撮りしたものにSILKYPIXでの現像時に
HDR効果を少しかけてみました。

と言っても、絵画調の厚塗りHDR画を作りたかったのではなく、
ジャンボを完全なシルエットにしたくなかっただけなんですけどね。

Silkypix pro5にはHDR機能があります。
と言っても、Topaz Adjustのようなものでも、Photomatixのようなものでもなく、
一枚のRAWに記録された各EVの諧調から現像対象におけるダイナミックレンジを純粋に拡大するものです。

デルタのポートサイドの階調は持ち上げたく、でもこの良い雲と空は飛ばしたくない。
せっかくK-5がRawデータに記録している階調を蘇らせたかったんでトライしてみました(・∀・)

どうかな?本人的にはさっすがK-5! と、悦に入ってますが(笑)


それでも夜に現像するとついついいじりすぎてしまう傾向は否定できません(笑)



PENTAX K-5 + Tamron SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16)
[PR]
by blackqualis | 2012-05-27 09:57 | RJAA
2012年 04月 09日 |
4月1日の成田の撮影データから。

Deutsche Lufthansa AG,シンボル(ロゴ)のモチーフとなっている鳥は鶴だそうですが、
鶴のような繊細なラインというよりは、ほとんど白イルカだろこりゃ的なA380です。

とはいえ、今となっては成田に飛来する数少ないA380オペレーターです。

IMGP3998_290mm_F8,0_S500_ISO200_DATE120401_TIME101232
16Rを離陸した直後の数カットを連続で。
ランウェイのスレッシュホールドのゼブラが機体に映りこんでいますね。

自分的にはこっち↓の角度の方が好きかな。
IMGP4002_200mm_F8,0_S500_ISO200_DATE120401_TIME101235

流石に上がりが低いです。すごい迫力。
IMGP4016_93mm_F8,0_S320_ISO200_DATE120401_TIME101242
シグマの50-500、便利です。EXIF見てると500mm帯から一気に100mm前後まで引きで撮ってるし。人間がどんどん横着になっていく(笑)
高感度ノイズに弱かったSONY時代の癖が抜けずに無意識にISOを200前後で固定しがちです。
なのでコイツは1/320secで被写体ブレ orz
こういう時こそTAvの使いこなしが重要なのだろーなー

IMGP4027_140mm_F8,0_S1000_ISO200_DATE120401_TIME101252

ジャンボよりずいぶんとふくよかなプロポーションで、お世辞にもかっこいい!って感じじゃないですけど
やはり4発の安心感、そして飛行機らしさ、ですな(^^)


PENTAX K-5 + SIGMA APO 50-500mm DG OS HSM
[PR]
by blackqualis | 2012-04-09 02:22 | RJAA
2012年 04月 04日 |
今回はネタシリーズです。

鶴丸のB8に会いに成田に出かけた日曜日。
B8を見送った後しばらくして南風運用に切り替わったので、
ほんならAランの畑からローテーションの瞬間を長玉ででも・・と思いしばらく居座りました。

ローテーションのところは結局メラメラで使い物にならなかったんですが、この日は面白い?
Departureがいくつかありました。

IMGP3934_370mm_F8,0_S640_ISO200_DATE120401_TIME100454
このPolarのジャンボフレイター、撮っているファインダー越しに何か出ているのが見えます・・・

IMGP3938_140mm_F8,0_S500_ISO200_DATE120401_TIME100502

「ん? なんか出てる。ベイパー?」

「いや違うな、なんじゃこりゃ!?」

IMGP3941_65mm_F8,0_S320_ISO200_DATE120401_TIME100505

何やら翼端付近の穴?から噴霧状態。
そういえば最近どなたかのブログで通りがかりに見たのと同じエアライン、同じ機種(N452PA)と現象です。

IMGP3944_50mm_F8,0_S800_ISO200_DATE120401_TIME100507

かなりの勢いです。

IMGP3962_113mm_F8,0_S1250_ISO200_DATE120401_TIME100513

結局、ずーっと噴霧しながら行ってしまいました。
この少し前にはフィリピンエアがこれまたずーっとギアを出したまんま豆粒になるまで飛んで行きましたし、
なんかワケアリなわけ!? ・・っと思うような不思議なこと多すぎ。


IMGP3964_500mm_F8,0_S1000_ISO200_DATE120401_TIME100524

特にコイツは何の現象なのか、マズイのかマズクナイのかとんとわかりません。。
燃料投棄なんかこんな高度でやられたらタマランですけど、そんなことないのかなぅ。

どなたか知っていたら教えて下さい。

と、ここまで書いてから(書く前にいけって)ちょっとぐぐってみたところ、
どうも数度に渡り同じレジで同じ事象が目撃されているようで2ちゃんやFlyTeamでも話題になってました。

投棄じゃなくて燃料漏れじゃないの?って意見が主流?というかリアリティを感じます。
しかしこういうのを放置しっぱなしでずっと運航してるって大丈夫なのかな。


縮小してない大きな画像はココにあります
[PR]
by blackqualis | 2012-04-04 19:12 | RJAA
2012年 04月 01日 |
Facebookで訓練フライトのスケジュールについてJALさんからお知らせがあったので、
そりではと、05上がりの羽田よりも、と、朝ヨワな二人組が珍しく奮起して成田まで出かけてきました。

睡眠不足+PC不調で、なんとか787だけ現像。

JA825J - 34L/RJAA

あがった後姿だけはなんとか光が回ってます。
アンコリもヒットしたので扉に採用しました。
北風のAラン、早朝6時の上がりですから、どんなに考えても順光で撮れるトコ思いつきませんでした。

後は証拠写真程度に。。。

JA825J - 34L/RJAA

JA825J - 34L/RJAA

何はともあれ。デリバリーを見にいけていなかったので赤組の787、見にいけてよかった!

HIDEさん、またまたご一緒できて最高に楽しかったです~
今度はマロウド合宿行きましょう( ̄▽ ̄)

PENTAX K-5 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
[PR]
by blackqualis | 2012-04-01 22:40 | RJAA
2011年 10月 16日 |
成田で見たトランスエアロの747-400
resz_DSC03315_100mm_f8,0_s640_iso200_d110923_t143839
すわっ! これ、もしかして元JALジャン? ・・と色めきたったのですが、情報によるとソレではないとのこと。

また会えたね!って思ってウルウルしてたのに、後でチガうとわかってちとガッカリでした。

resz_DSC03319_150mm_f8,0_s800_iso200_d110923_t143844
ところでこのレジ、N747WVは本チャーターというかフェリーの間だけのものらしく。
かちょはあまり興味ないのだけど、スポッターの皆様にはおいしいものらしいです。

SONY SLT-A55V + SIGMA APO 70-300
[PR]
by blackqualis | 2011-10-16 23:42 | RJAA
2011年 09月 28日 |
多分、自分的には初めてにして見納めになりそうな南風時の成田到着機の左旋回シーン。
念願叶ってついに見ることができました。
resz_DSC05187_500mm_f9,0_s500_iso100_d110924_t141234
もったいぶらずにまず一枚、この日一番のスタアラ塗装UAジャンボの大ヒネリ。

台風15号の首都圏直撃の日は脱出帰宅に失敗して渋谷駅に5時間籠城する羽目になりましたが、
その苦難の埋め合わせか、シルバーウィーク後半の連休は綺麗に晴れ渡り
元々予定を組んでいた成田一泊ツアーを満喫することができました v(^^)

------- 続きもみる? -------
[PR]
by blackqualis | 2011-09-28 19:00 | RJAA
2011年 09月 25日 |
When the summer sky goes and the autumn sky comes.

空の空気が夏から秋に変わった週末、
自分にとってたぶん最初で最後の、南風運用の最終旋回シーンを眺めることができました。


SONY SLT-A55V + SIGMA APO 150-500mm F5.6-6.3 DG OS HSM

※ヒネリ三昧な結果は後日記事にします。
[PR]
by blackqualis | 2011-09-25 21:23 | RJAA
2011年 03月 01日 |
ターミナルで、さくらの山で、丘で、そして畑で。
これほど多くの人々に迎えられ、そして惜しまれて退役していく飛行機があっただろうか。


ホノルルで大きなレイを機首にかけてもらったJA8089が
e0215320_22593776.jpg

e0215320_22594355.jpg

北風のA滑走路に、これで本当に最後のタッチダウン。
Thrust Reverserの音とともに、霧雨の彼方に遠ざかってゆく。
e0215320_22594855.jpg

そしてJA8089が最後のタキシングを終えて大勢のスタッフが待つスポットにつく頃。
e0215320_22595235.jpg

あれほど賑やかだった出発機がパタリといなくなり、Aランに静寂が訪れる。
その用意されたかのような静寂を破って、低い雲の中から降りてきたJA8077がやはり最後のランディングを迎える。
e0215320_2355345.jpg

のびやかに。
e0215320_23608.jpg

でも堂々と。
e0215320_236451.jpg

いつしか周囲の音が消え、静けさの中スローモーションでA滑走路に舞い降りていきました。
e0215320_2367100.jpg


永きにわたりたくさんの夢を運んだJALのジャンボジェットは、
航空業界を取り巻く環境の遷り変わりとJAL再生への道のりの中で今日、その黄金の時代にピリオドを打ちました。

自分の半生は、JALのジャンボとともにありました。
子供の頃ジャンボに乗った時のドキドキ感は、大人になり出張で乗るときになっても、
やはりなにひとつ変わらなかった。
その大きなゆりかごのようなキャビンでTurbulenceを感じても、怖くは思わなかった。
ジャンボに乗って旅をする自分まで大きくて頼もしくなったような気持ちにさせてもらった。
そして今、ファインダー越しに見るその姿はなにひとつも色褪せずに僕を少年にしてくれる。

そんな気持ちの方が大勢いることでしょう。
惜しまれ、愛されても去らなくてはならない日はやってくるのですね。
e0215320_0134489.jpg

ありがとう、さようなら、JALのジャンボ。
生まれ変わった君にまたどこかの空で逢える日まで

今日のグッバイからはじめよう。


SONY SLT-A55V/PENTAX K20D + SIGMA 70-300mm/F4-5.6
[PR]
by blackqualis | 2011-03-01 23:19 | RJAA
2011年 02月 27日 |
一気に春めいた土曜日、陽炎の立ち昇る16LにJL75(JA8089)がランディング。
e0215320_173153.jpg


JALのB747-400完全退役まで、あと3日。
3/1がもし北風運用だとして、普通にBランに降りられちゃうと、攻略のしようがないな。。

SONY SLT-A55V + SIGMA APO 400mm/F5.6

※番外、どうでもいいはなし

SLT-A55V(α55)とオールドαマウントレンズ(シグマ)の相性が最悪。
シグマで対応無償改修を受け付けない年代のレンズなのだが、幸いカメラエラーが出ないので
だましだまし使っているのだが・・・

①絞りピンの駆動が高速連射時にコケるというか空振るらしい。
 →このためAEの露出は一定なのに画像の明暗が一コマずつ転びまくる
②連射しているとAF不能状態に陥る
 →迷いだして、フォーカスがあってもカメラで認識できなくなる。
  catch in focus設定と連動してレリーズも不能になる。電源OFF-ONで復帰
③CCDに乗ったダストのようなものが写りこむ?
 →最初CCDダストかと思いきや、最近のレンズに換えると出なくなる。謎の現象でアタリもついてない
  けれど、まさかトランスルーセントテクノロジは古レンズの中のチリまで写すのか?

まあとにかく、かなり満身創痍(笑)

今回掲載の写真のノイズがきついのは、トリミングやシャープネス調整の影響以外に、
①の障害を承知で使う関係上、絞りピンの空振りが発生してもドアンダーにならなうように絞り値を大きくしながら
シャッター速度も確保しようとした関係でISO感度を高くしたことも響いてる。

成田の畑で撮影中に、お隣に陣取った紳士が使っていたSIGMAの150-500、HSM+OS付。
α55でもエラーなく動いて性能活かしてくれるんだろうなあーとその時うらやましく思った。
昼食に入ったすき家で牛まぶし定食をほお張りながらTwitterのTLにたまった大量の未読を処理してたら、
フジヤカメラからの土日限定セールのツイートを発見。SIGMAの150-500のα・PENTAXマウント限定で72800!

どんだけタイムリーなんでしょうw
そして本文よりどんだけ長い番外編なんでしょうw
[PR]
by blackqualis | 2011-02-27 16:36 | RJAA
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Sky Plane Skin by Sun&Moon